通信講座で簿記2級に1ヶ月で合格!

簿記2級に短期間で合格する勉強方法と費用についてのまとめサイト。

簿記2級について

簿記2級という言葉が独り歩きしていますが、正式名称は
「日本商工会議所簿記検定」といい、レベルに合わせて級位が認定されます。

その中でも簿記2級以上の資格を取得すると、
経理のスペシャリストとして認めてもらえるようになります。

この資格を学生時代に取得することで、
大学の推薦入学に有利になりますし、就職の際も高く評価してもらえます。

このレベルになると、商業簿記だけではく、
工業簿記に関する分野も出題範囲に含まれるようになります。

原価計算や勘定科目に関する内容も出題されるので、
相応の知識や技術が求められます。

「3級を持っているから簡単」というものではなく、
2級の検定試験はより専門的な知識が求められますので、
一夜漬けの勉強では、簿記2級に合格することは無理だと言われています。

ここでおすすめしたいのが、
通信教育で簿記2級の資格を取得できるまでの勉強を行うことです。

独学ではなかなか理解しにくい工業簿記の分野や、
会計学に関しての知識を得ることができます。

また平成25年度には出題範囲が変更されています。
通信教育ではそれに対応したカリキュラムが含まれているので、
新試験に即対応できるまでのスキルを身につけることができます。

簿記は公的資格として広く認められています。
主婦層はもとより、学生、ビジネスマンも積極的に取得が奨励されている検定試験です。

初めて通信教育を受ける方でも分かりやすいテキストが多いので、
楽しく取り組みながら検定合格を目指すことができます。

NEXT 簿記2級の学習期間について


>>最短1ヶ月で簿記2級に受かる通信教育とは

WordPress theme created by ThemeMotive.